床と壁がちゃちです。

お金にかぎりがあったので、建売の選択しか無かったので後悔なんていうのもどうかとおもうのではありますが、建売はやっぱり全てにおいてちゃちですね。きっとお家を作る会社が、材料大量購入で安く仕入れたそんなにいいものでないものを、どこかの大きな住宅の建売などにつかって、そのさらにあまりのもので作ったのかな?というかんじです。月日がたつほどに味が出るというものでなく、もう壊れたり汚れたら変えるしかないかんじの素材でできています。作る人のこだわりなんて全く無いです。そもそも汚れるまえに飽きるし…とくに床と壁はお粗末です。あとは玄関の扉も安っぽいです。お風呂や台所は意外と最新ではありましたが、洗面台がちいさいですね。戸建ては仕方ないのでしょうね。マンションはいがいと洗面所がきれいですよね。いいなあと思います。結局は土地代なのでしょうかね??うわものはおまけ?乗っかっていればいい感じです。しかし私の妹夫婦は建築士に頼んでこだわりのお家を作り上げましたが、それでも納得のいかないところはたくさんあるそうです。そんなもんなのでしょうね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です